『週刊女性』SJセレブリティ連動企画 Dr.高須があのセレブの美容整形を完全解説!
本誌記者体験コラム

マドンナも若返った!


“ほうれい線を薄くする"

来年でバカボンのパパと同じ41歳になる筆者(女子だけど)。

「嘘でしょ!?そんな歳?私は、そんなに年寄りじみてないわぁ」

と、架空の人物と比べて、

自分はまだ若いつもりでいるアラフォー女ですが、

なにか?

と言いつつも、

なぜバカボンのパパがムダに歳を食っているように見えるのか?

不思議に感じ、

改めてその風貌を漫画で確認してみるに、

やっぱりほうれい線とおでこのシワが原因だった!

いかにほうれい線とおでこのシワが年齢を加速させるか、

実感した現実。

しかし、

このほうれい線、

バカボンの時代と違って、

低いハードルで消せるようになっちゃったんだもんね〜。

しかも、

もっとも安心な方法がコレ。

最新のヒアルロン酸である『PPPジェル(プラズマジェル)』。

その『PPPジェル(プラズマジェル)』とは、

自分の血液から高濃度の血小板血漿を抽出、

それに熱処理を加えてジェル化させた液体がヒアルロン酸なんだとか。

それを皮膚に注入するだけで、

気になるシワやくぼみが隆起してプルンと平らになるという、

最新の若返り法。

自分の血漿を注入剤として使用するから、

アレルギーの心配もなく、

仕上がりも自然。

目のクマや頬のボリュームアップ、

鼻に注入すれば、

隆鼻効果も期待できるとか。

ちなみに、

私はほうれい線を消しました(笑)。

後日、

とある編集さんから、

「あれ?また若返った?」

と言われて喜ぶアラフォーは、

パパではなく、

なんとかバカボンのママの年齢の方に近づいたように、

顔がつるんとなりました。

ちなみに、

バカボンママはいくつだ(笑)?



まずは、採血!!



採血した血液を容器に移します。



遠心分離器へ!



こんな感じで分離します。



注射器に移動。



これ注射しちゃいます。



注射!!ちょっとチクッとした感じ。



気になる法令線に・・・


PPPジェル(プラズマジェル)
[0]トップページへ



Copyright(C) 2011
takasu-celeb.com all rights reserved